iPhone&Android端末向けのアプリ開発忘備録

11月 3, 2011

ARC forbids explicit message send of ‘autorelease’

Filed under: iOS — タグ: — verba8888 @ 1:24 am

iOS5になってから開発環境を整えたPCで開発を始めると

ARC forbids explicit message send of ‘autorelease’

'release' is unavailable: not available in automatic reference counting mode
というエラーがすごい数出てくる
iOS5からはARCがメモリ管理を適切?に行ってくれるらしいのでreleaseやautoreleaseが不要な様です。
下位互換させる為にはまず PROJECT の Deployment Target を 3.0 等互換させたいVerに変更
エラー表示がうざいので Objective-C Automatic Reference Co... を YES から NO に変更


これでビルド通るはず。
広告

4件のコメント »

  1. 同じエラーがでまして検索していた所、たどり着きました。
    参考にさせていただきました!ありがとうございます。

    コメント by Takahiro Uemichi (@TUcwru) — 11月 15, 2011 @ 1:18 pm

    • Takahiro Uemichi さん

      そう言って頂けると嬉しいです^^
      更新は少ないのですが、よろしくお願いします。

      コメント by verba8888 — 11月 16, 2011 @ 1:06 am

  2. なぜここでという感じのエラーでしたが、そういうことだったのですね。
    ただ、release不要というのは、えらく不安です。

    コメント by takakaz — 2月 23, 2012 @ 10:48 am

    • takakaz さん
      new project 作成時なら Use Automatic Reference Counting のチェック外せばOKだとおもうんですけどねw
      私もrelease不要は怖いので未だにARC使ってないですw

      コメント by verba8888 — 4月 7, 2012 @ 6:43 am


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。